なんか 見えたし


てか みーーーっけ

IMG_1658


まちがいない この色!!


ハケーーーンv( ̄∇ ̄)v


Bald head's motor club!!!!!


hiroshiさんと shinちゃんさん 


うきゃあ お久しぶりです!!
DSCF7208

お嬢は 初めましてですね!


IMG_1659

待ち合わせの場所は もっと向こうなはずーー

「せっかく 車の間に隠してとめたのにーー
DSCF7209

アハハ 見つかったかーーー」 だって 笑


秋田勢が 通り過ぎるのを確認してから 

後ろから追い越しWELCOMEするつもりだったらしい

てゆーーか 私は ほんとにお久しぶりです!

お二人と 初めてお会いしたのは 2010年の8月 そんな前か
(ブログは8月20日にアップしてました)

その翌年に hiroshiさん 再度御来店いただいておりました!
オレンジメットに マッキーですた ウシシ♪


うわあああ 相変わらずきれいなバイクだし!

おフタリともゲンキそうです!

時間が押し気味とゆうこともあり お話しはあとでゆっくり

いざ!出発しましょう♪
IMG_0077

バイク5台となりましての出発!

帯広ナンバーに 頭と尾をもっていただき 

日高を越えてまいります!
IMG_0079

DSCF7211

DSCF7214
そろそろ峠ですぜ ってころに。。。

hiroshiさんが 左を指さした。。

なんかあるのか???って(; ̄Д ̄)

(゚ロ゚;)エェッ!?ウオオーΣ(`□´/)/

巨大クマーーーーーーΣヾ( ̄0 ̄;ノ

がーん がああーん 写真ナスーーーナスナス 
(今回の旅 唯一、悔やまれる 笑)

焦りすぎて3回も指さしてしまったがゆえに 写真取り逃がす
指差しと同時に わ わ ゥわ と音声まで SETですた。

日高の峠にはいる手前左がわ

カーブして どーん

見たことある方は あーーーッ あの熊ねとか絶対言うと思う

男鹿の巨大なまはげくらいあるでしょ でも アレ 立ち居地直線なんで

ココロノジュンビが できるでしょ

なのに こっち カーブだからっっ

いきなり目の前に どーん  こわ   トカ 


焦るわああ(/TДT)/

発見してから通り過ぎるまで 息を吸いませんですた 笑
声は発声したから わずかに吐いた呼吸でつが ほぼ無呼吸ぢゃね

さて 息も止まるくらい な 熊  と  遭遇後 山越え
DSCF7216
DSCF7217

DSCF7220
国道274   8合目↑日勝峠

その上 霧がでてきました!
DSCF7223
帯広まで56km
DSCF7224

「う”わ”== おかーさん まっしろー」トカ 大興奮の お嬢 笑
DSCF7225
そーーよねーー♪
霧の中とか走るときも バイクの醍醐味的なの あるしっっ 

ハコにまもられていないバイクは 温度や匂いにも 敏感♪
霧のつめたあ〜い感じ 白い幻想的ななかに 直接いる感じ!
(このときは ハコなんかにつめられてたまるかー 的に 笑)

この後は真っ白が しばらく 続きました

視界が戻りカメラを お嬢にまわしたので数枚、お嬢写すーww

DSCF7229
DSCF7230
DSCF7231

あの 白いのなんだろーネ???
DSCF7232

無事に峠をこえましたよ
DSCF7233

DSCF7235
ぐーからのっっ
DSCF7236
もしかして・・・・一緒に走り出してから
初めての 信号強制半固定??
DSCF7237

そして 名物 一直線突入!!

DSCF7238

てか これ デカいっしょ
DSCF7239

とちゅうとちゅうに たくさんの牧場の看板!
写せなかったけど アルバイト募集 ライダー歓迎 トカ見た!!!


そして 上士幌の文字がミエテキタ

けど いけどもいけども 先が 真っ直ぐに霞んでいる・・

おめえ 老眼っしょ?トカ 
そんなじゃなくて(つか まず老眼遠くみえるしな)

真っ直ぐに 雪用の矢印が 左赤 右黄色で かすむほど続くの

DSCF7240

DSCF7241

DSCF7242

DSCF7243


す す すっげ  どこまでも まっすぐ

トップギアAT車カ?!  笑  うしゃああ
DSCF7244

そろそろ曲がりたい気がしてきたぬあああ 


ギアかえてみたいぬあ〜〜  笑 と

オモウころを過ぎての (笑) 左折!!



てかあでーーΣ(=゚ω゚=;)また真っ直ぐ

縦も横も 真っ直ぐなのねえええ  スゴスギ

でっかいどー ほっかいどー って フレーズ旅行会社かなんかの?

まさに そんな 気がしてくる  まず 農地の区画の大きさたるや

そして ちょっと休憩ーーww♪
DSCF7247

DSCF7248
次は 日本一広い ナイタイ牧場へと 向かいます つづく。